CODE COMPANY BLOG

2021.11.1

この機能は2021年11月16日に実装されました。

効果測定URLとは

送った問合せフォーム営業メールが開封されたかどうかを把握することはできませんが、貼り付けたURLがクリックされたかを測定することは可能です。

どの送信先の会社がURLをクリックしてくれたかが分かる機能です。

これが分かることによって、興味を持っていただいている会社に対して、テレアポなどによるアフターフォローが可能となります。

効果測定URL設定方法

Ultra Form拡張機能のオプション画面で「問い合わせ内容」の項目で文中に
{LP_URL1}
を埋め込みます。
下記画像参照
 

効果測定URL使用方法1

 
その下にあるランディングページURLの設定箇所で、ご自身が訪れて欲しいURLを設定します。
3つのURLを測定することができます。
下記画像参照

効果測定URL使用方法2

 
{LP_URL1}を文中に入れた場合は、LP_URL1の項目にURLを入力して、設定を保存してください。
 
上記で設定は完了です。
 
 

テスト

お問い合わせフォームでテストしてみます。
下記画像参照
効果測定URL使用方法3

上記画像のようにURLが生成されたら成功です。

このURLは弊社のURLになっていますが、リンク先に移動すると先ほど設定したそれぞれのURLにリダイレクトします。

メールで送信してみるとこのようになります。(メーラーの設定によります)

下記画像参照

効果測定URL使用方法4

測定結果の表示と詳細

効果測定URL使用方法5

URLクリック効果測定

URLクリック効果測定画面では、送信ごとのURLを一覧にします。クリックされたものだけが表示されます。

  1. 会社URL-Ultra Formを利用して入力したサイトのURL
  2. クリック回数-1件の送信に対して生成されたURLがクリックされた回数
  3. クリックされたURL-Ultra Formで設定したURL
  4. 最終クリック日時-最後にURLにアクセスされた時間

URLクリック効果測定レポート画面では、設定したURLごとの結果を一覧にします。クリックされたものだけが表示されます。

  1. 送信回数-設定したURLを送信した累計回数
  2. クリック済み-URLがクリックされた回数(ただし重複しない。一つの生成したURLが1度カウントされたらそれ以上には増えない。)
  3. クリック率-送信回数に対してのクリック済みの件数の割合
  4. クリックされたURL-Ultra Formで設定したURL

【言葉の定義】
会社URL Ultra Formを利用して入力したサイトのURL
生成URL Ultra Formで設定した{LP_URL1}などをUltra Form実行時に問い合わせ文言内に生成されるクリックされるURL
URL Ultra Formで設定した送信先に見てもらうためのURL

弊社で作成している自社サービスの紹介です。

Ultra Form
お問い合わせフォーム自動入力ツール
お問い合わせフォーム営業の自動化ツールで、Google Chromeの拡張機能なので簡単に利用できます。

CODE COMPANYブログ